自分で交換する場合

DIYする男性

自宅のドアノブが古く、昔のドアノブを使っている場合、耐久性やセキュリティー性が不安になります。
昔のドアノブは、木造などの材質だったり、経年劣化によって耐久性も下がってきているためです。
耐久性が下がるということは、ドアノブが壊れやすいということなので、非常に不便です。
ドアノブは、日常生活で非常に良く使います。
その為、過度な圧力がかかりやすくなっており、壊れやすいと言えます。 Read more »

ドアノブの選び方

金色のドアノブ

ドアノブを修理、交換することは、素人には難しい作業です。
なぜなら、ドアノブによって、形状、構造は様々だからです。
一見して同じようなドアノブでも、中の構造が違うため、新しいドアノブを購入して取り付けようとしても取り付けられないと言った失敗をする可能性があります。
ドアノブをドアから取り外す作業一つとってもドアノブの構造を理解していないと難しい作業になります。

新しいドアノブを購入する際に確認すべき単位はいくつかあります。 Read more »

ドアノブの進化

銀色のドアノブ

資金のドアノブは、レバーハンドルタイプのドアノブが主流となっています。
数十年前までは、手で握って回すタイプのものが主流でしたが、現在では、使いやすく壊れにくいレバーハンドルタイプのドアノブに人気が集まっているためです。
このドアノブは、壊れにくいだけではなく、手にフィットしやすく、ドアが開けやすいという利点もあります。
上記の理由から、公共施設や新築住宅などでは、このレバーハンドルタイプのドアノブが使われることが多いようです。 Read more »

種類や材質

白いドアに付いているドアノブ

ドアノブと言っても、その種類は様々です。
現在、多く目にするのは、持ち手が円形状になったものや、持ち手が球体になったものなどがあります。
こうしたドアノブは、ドアの形状に関わらず、広い用途で取り付けることができるので、昔から数多く普及しています。
しかし、この持ち手が円形状になったタイプのドアノブや、持ち手が球体になったタイプのドアノブは、耐久性の問題や、住宅のバリアフリー化などの観点から少なくなってきています。 Read more »